1月8日

学校について、研究棟に行く途中、唾はいてる人見ちゃって、すごい気分悪くなった。
雪のところにしてたけど、もう、学校の雪の上を歩く気なくなった。
そんなんで、すっごい気分悪かったんだけど、
ゼミ始まる前に清掃員のおばちゃんにすれ違うときに
「こんにちわ」ってあいさつされたの。
ちょっと、びっくりしたんだけど、気持ちがぽわーとなった。

挨拶ひとつでいろいろ変わると思う。

ゼミは修正箇所がいっぱいでてきた・・・
あと、論文の修正が・・・はぁ・・・

今日は友達にいろいろと本を借りた。
○自分の小さな「箱」から脱出する方法
○サブプライム問題とは何か
って、本。
とりあえず、自分の買った本は後回しにして、こっちを先に読むつもり。

箱の方は100ページくらいしかまだ読んでないけど、結構おもしろいかも。
私の性格的にまず、否定から入るんですけど(いつかは治す予定・・・)、
否定的な部分で言えば、「鏡の法則」に似てる部分があるような?
まだ、途中だから最終的にはなんともいえないけど…
「鏡の法則」みたいに物事と関係ないところを治せば、ほかの部分まですべて解決する、みたいな考えは嫌いなんだけど、
この本の例に出てくる部分は納得したり、確かに!と思っちゃう部分が多かった。

「相手の名前に関心がないということは、一人の人間としての相手に関心がないということだ。」
って文章にはぐっとくるものが、あった。
ずっと、人の名前を覚えるのが苦手だなーと思ってたけど、関心がなかったんだ。
これは治さないとやばいなと思った。
高校のクラスメイトとか正直、10人ちょっとしか名前言えないような気がする。
嫌いな人とかにはあだ名とかつけたりしてたことあったけど、そういう人の方が覚えてたりする。
否定的な感情であっても関心はあったんだな…
ほかの人(名前が思い出せない人)は「あの…」とか「ごめん、あのね…」とか言って、名前呼ばなくても会話できてた。
関心がなかったんだな…ん~

名前覚えることから、始めよう…
[PR]
by walts-of-moon | 2008-01-09 02:03 | 日記


<< 1月9日 ソーシャルブックマーク >>