忘年会??

クラスというか、仲のいいメンバーと忘年会。
あう~飲んだ~
頭ふらふらするー。

飲み終わった後もさっきまで、2次会を友達の家でしてた。
まぁ~愚痴の言い合いみたいな感じですけど~飲むといろいろでてくるな~。

まぁーそんなんで、楽しいのみでした。
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-24 04:09 | 日記

喫茶店に行きたい。

今日一日家にいた。
まぁ、夜ちょっと呼ばれて車出したけど。
それ以外は家でひきこもり。

てことで、喫茶店に行きたいな。
なんというか、喫茶店分がたりない。ひじょーに足りない。

でもでも、私は一人でお店に入れない性格です。
唯一入れるようになったのが、マックとかすき屋とか吉野家とか・・・
まぁーファーストフード。
かといって、喫茶店いこうーって誘って、来るタイプの友達はいないしな~。コーヒーや紅茶を飲む友達があんまり、いない~。
お酒なら、人集まるんだけどな~。

喫茶店に行きたい~スイーツがほしー。
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-23 04:17 | 日記

忘年会とか?

今日は会社の人事の人が大学に来てたので、挨拶に行きました。
そこで、いろいろお話を聞けて、よかった。
あとあと、大学のOBの方も来ていたのでお仕事の話とかも聞けました。

で、その後、研究室の飲み会があった。
韓国料理?焼肉のお店。「ソウル」ってお店。

お酒は数少なかったけど、韓国のお酒飲めたのはよかったのかな。
肉がちょっとすくなかったかもー。

後輩もいっぱい入ってくれたみたいので、来年は楽しそうだな~
私はいないけどー
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-22 04:08 | 日記

青空文庫

【12/24】青空文庫で「ドグラ・マグラ」がついに公開決定-ニュー速クオリティ

どんだけ~w
買ったばっかだよ。

てことで、青空文庫を調べてみたけど、意外と面白いかも。
著作権切れた本をネットで無料で公開してる。

青空文庫

芥川 竜之介
石川 啄木
高村 光太郎
福沢 諭吉

とかとか、適当に探しても読みたいの結構あるなー
ただ、ディスプレイ通すと読みにくいなー。

てことで、なぜかあった、アメリカ大統領就任演説のケネディ大統領の演説だけ読んでみた。
そしてら、意外と面白い。
冷戦の時期なのでそれらしいことが結構でてて面白かった。


そんなことしてたら、研究が進まない。。。
そして、今日、ほんとに取材きてた~
なんか、大学の本作るみたいだねー。
何枚か写真撮られたよ。
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-21 01:18 | 日記

もう、12月中旬なんだけど。

最近学校行ってもだらだらしかしてない気がする?
もうちょっと、危機感もたなきゃなー

明日、もう今日だけど、研究室に取材が来るっぽい。
一応、研究室にいてね。って言われてるけど、結局何もなさそうだな~。

授業がないと一日が早いなー。
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-20 03:27 | 日記

本棚

BookLog
Webの本棚みたいなの作ってみた。
とりあえず、ブログに載せた本とか掲載してみたんだけど。
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-19 03:27 |

ドグラ・マグラ

ドグラ・マグラ (上)
夢野 久作 / / 角川書店
ISBN : 4041366038


ドグラ・マグラ (下)
夢野 久作 / / 角川書店
ISBN : 4041366046


徹夜して、朝までかけて読んでた・・・
気づいたら、朝の8時だし。

ストーリーがすごいし、理解があまりできなかった・・。
正直、下巻の最初までは、読みにくかったんですけど、あるところから一気に面白くなってくる。
後半の中毒性は異常でした。読むのやめられなかったもん。
情報がすぐ二転三転して、なんだかだんだんわからなくなってくるし、犯人もどっち?主人公はだれ?ってだんだんわからなくなってくるし。
その前に、まず、犯行の手段が逸脱してるな。
そして、実験との関連性?
読後も頭の中には??がめぐってるんだけど?

解説に
”この小説を読んで、誰一人わかった、といいきれるものはいないだろう”
”誰もが、わかったような気がするのが、せいぜいだろうと思う”
って書いてあった。
結局、私が読み取れた?犯人とほかの人が感じた犯人は違うかもしれないし、解釈は必ず違うだろう。
もう、一度よめばまた違う解釈が出てきそう。

今までは、自分の主観?(現代小説を中心に)で本を選んでたのですが、いろいろ読んでみようと思ってます。
お勧めの本ってあります?
徹夜するほど面白かった小説
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-19 01:57 |

文化庁メディア芸術祭

文化庁メディア芸術祭 2007

受賞作品が公開されてた。
個人的に面白いなーと思ったのはこれ
匂いをかがれるかぐや姫~日本昔話Remix~
翻訳機を使って書き直した、いうおもしろい作り方が話題になったやつですね。
作り方がエンターテインメントなのかな?
よくわかんないけど、文章が評価されたのはうれしいと思う。
エンターテインメントで芸術祭なんだから、散文とかが評価されてもいいと思うのですよ。
ゲームやWebとか玩具とか目に見えるものだけって言うのはさびしいなーと。

アニメーション部門は密かに「ミヨリの森」がくるとばっかり思ってたんだけど…あれ…?


去年の芸術祭の作品も見てたんだけど、
雨刀
これほしい。
動いているとこ
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-17 14:02 | 日記

カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー / / 光文社



母親にカラマーゾフの兄弟を読んでるんだって言ったら、
「大学生なのに読んでなかったの?私は中学生のときに読んだよ。」
と馬鹿にされました・・

この本は新訳バージョンで最近売れてたらしいです。
ドストエフスキーは誰でも知ってる有名な作家。
東大教師が新入生にすすめる100冊
で、1位でもある本。
上記のサイトさんでも
>> 「カラマーゾフ」強し!こいつを超えるスゴ本はないのかも(あれば望外のヨロコビ)。
って書いてあった。
まだ、第一巻しか読んでないから、なんともいえないけど、それでもすごくおもしろい。。
宗教と欲(金と色がメインかな?)がいろいろとちりばめられている。
兄弟でそして親子でめぐる、金と女。
人間の欲望、それが人間の本質なのか?みたいな感じで読み取れるけど、どうなんだろ?

続きが楽しみだ~
でも、脱線して、今、夢野久作の「ドグラ・マグラ」読んでる。
推理小説における日本3大奇書の一つだって。
かつ、
>本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす、と称されている。
って、Wikipediaに書いてあった。わ~楽しみ。
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-07 01:54 |

変身 カフカ

変身 (新潮文庫)
高橋 義孝 / / 新潮社



ちょっと前に、これ読んだ。
海外小説は読みにくいから、敬遠していたんだよね。
この本も有名すぎるので前々から読みたかったんだけど。、なかなか手が出ませんでした。
というか、ここらへんはみんな中高校生ぐらいで読んでるんですよね?
それなのに、100ページちょいなのに読むのにすごい時間かかった。。。
どんだけゆとりだよ私・・・

グレーゴル・ザムザがある朝、なにか不安な夢から目を覚ますと、自分がベッドで巨大な虫に変わっていることに気づいた。

有名な文章かつストーリーだね。
淡々と客観的に書かれてる文章がおもしろくて、つまんないような。
ラストの盛り上がり?や人間の心理の描写はすごく面白かった。
後ろに行けば行くほどページの読むスピードはあがるね。

なぜ、虫になってるかが最後までかかれないのがすごかった。
[PR]
# by walts-of-moon | 2007-12-07 01:30 |